単品通販と総合通販のメリット

単品通販と総合通販のメリット 「単品通販」というのは、主に1種類の商品にその販売をしぼった形態を採用している通信販売の名称です。
しかし「単品」という名はついていますがその取扱いは1種類だけとは限らず、同一ブランドのラインナップであれば商品の種類が複数あっても「単品通販」と呼ばれます。
一方で、食品やアパレル、インテリアなどあらゆるジャンルの商品を取り扱っている通信販売の名称が「総合通販」です。
そんな両者の通信販売手法にはそれぞれ異なるメリットがあります。
まず、「単品通販」のメリットとしては、リピート率が高いという点があげられます。
それゆえに、新規客の取り囲みよりリピーターがその存在を支えていると言えるのが特徴ともいえます。
また、商品数が少ないがゆえにオリジナルの商品を販売することが可能なため、利益率の高さも魅力です。
逆に「総合通販」は商品点数が多い分利益率は低くなりますが、集客力が高いという点がその最大の強みと言えます。

単品通販の方がユーザーに手厚いサポートが可能、満足度も引き上げやすい

単品通販の方がユーザーに手厚いサポートが可能、満足度も引き上げやすい 単品通販はサイトに登録する商品数が少なく、原則として一つの製品だけを販売します。
厳選された製品に特化しているため、大量の在庫を抱えるリスクがありません。
商品の種類が決まっているため、倉庫内での保存や在庫管理が捗ります。
単品通販はサイト運営に掛かるランニングコストが安く、これからビジネスを始めようとする若手経営者にも魅力的な分野です。
リピーター率は総合通販よりも高く、利益率の方も高いのがメリットとなります。
総合通販は元々高い知名度を持つ大企業や地元の有力店が新規参入した場合、強い知名度を活かして集客力を確保出来、高い利益を得られます。
一方で運営には人件費と労力が非常に掛かるため、個人や中小企業には不向きなビジネスモデルです。
ユーザー満足度を短期間で高く引き上げられるのは単品通販の方で、予め特定の製品だけを販売する形態なので、大手通販サイトよりもユーザー一人一人に対する手厚いサポートができます。
顧客側も大手通販サイトにはない親身な対応がある単品通販には非常に良い印象を持ち、ファンになってくれれば強力な固定顧客となり、安定した収益が毎月期待出来ます。