単品通販と総合通販を比較して見えること

単品通販と総合通販を比較して見えること 単品通販と総合通販はそれぞれ別々のビジネスモデルです。
前者は例えるなら職人さんが働く専門店であり、後者は街のドラッグストアやコンビニといったイメージとなります。
双方を比較した場合、最も大きな違いとなるのが取り扱う製品の数と幅です。
単品通販は原則一種類の製品を取り扱います。
利用者に自社のオリジナル製品や得意分野の商品を、リピート購入してもらい利益を安定的に確保するビジネスモデルです。
予め想定した層に向けてマーケティングをするため、広告費が効率的に使えます。
僅かなコストで知名度とリピート率を引き上げられるのが単品通販の長所です。
製品出荷のオペレーションが簡略化されているため出荷が迅速です。
在庫管理の手間や費用も安く新規参入が容易となります。
総合通販は多種多様な商品数を取り扱うのが特徴です。
広く浅くネットユーザーに対してマーケティングが出来るのが利点です。
参入するためにはある程度の事業規模と資金が必要ですが、多種多様な製品とサービスを提供する事で事業規模が拡大しやすく、常に不特定多数の一般消費者に向けてマーケティングをするため、世間の景気動向に売り上げが左右され難いのも利点です。

単品通販と総合通販のメリットと特徴について

単品通販と総合通販のメリットと特徴について 単品通販と総合通販は対照的なビジネスモデルです。
それぞれにメリットと特徴があり、前者はオリジナル製品に特化することができ、収益率が高く維持しやすいです。
後者は一つあたりの製品単価は安く、いわゆるスーパーやコンビニのような薄利多売のビジネス形態です。
一方で多種多様な商品とサービスを一つの店舗内で扱うため、集客力は強力であり、不特定多数のネットユーザーがアクセスしてネットショッピングをしてくれます。
単品通販の特徴はリピーターを短期間で得やすい点です。
自社製品に強い関心や興味を持つ熱心なユーザーがサイトにアクセスしてくれるため、マニア向けの情報やコラム、開発者のコメントなどを掲載する事で、購買層に響く効果的マーケティングができ、予め販売する層が想定出来るため、宣伝費は最小限で済むのが長所です。
総合通販は既に実店舗を構え、地域で高い知名度と経営力を持つ大手企業に向いたビジネスモデルであり、単品通販は先行投資が最小限であり、ゼロからビジネスを始める場合でも充分、新規参入が出来ます。
人件費や流通コストや倉庫代が安価なので、全体的に単品通販の方が低リスクです。